修繕工事課 主任 鈴木 正明 2005年入社 修繕・工事の必殺仕上げ人!大工仕事もお任せ

点検や検査で発見された不具合箇所の改修工事を行っています。
緊急センターから依頼を受けて出動することもありますが、現在は、マンションの部屋の工事を行う修繕工事課で動いています。

チームといっても発足されたばかりのためメンバーはまだ数人。
様々な依頼がありますので、水まわりから、電気、内装など、依頼に応じて様々な作業を行っています。

ちなみに、得意なのは大工工事です。床や壁を張り替えたり、クロスを貼ったり、壁を塗ったり、間仕切りを変えて2部屋を1部屋にするリフォームなども手がけています。

入社13年目、たくさんの“新しいこと”を身につけました

入社時の面接で社長から「これからはどんな事もやっていかねばならない、何でもできるか」と言われた事をよく覚えています。

お客さんの要望によって何でも対応していくべきだということが弊社の理念です。

これまで多くの現場で作業を行ってきました。数多くの現場で数多くの経験をしてきたおかげで、とにかく”新しいこと”をたくさん身につけることができました。それが一番の財産だと思っています。

中が透けて見えたら“ベテラン”の域

「今回はこうしたから直った」と、今回は、どんな原因で起こりどのようにして、直ったのかが正確にわかるまでは、ある程度年数がかかります。

ですから、新人の頃は、いかに応用を利かせていくかがポイント。
たくさんの実例を見ながら経験していくことで、徐々に仕組みが分かってきます。

機械や建てつけの中が透けて見えるようになったらベテランですね。(笑)

お客様からの「あなたを指名できるの?」は忘れられません

また忘れられないエピソードとして、お客様から「あなたを指名できるの?」「知り合いに紹介したい」と言われたことがあります。これは私の施工について満足していただけたということですから素直に嬉しかったですね。

ーーこの技術を次の世代へ。それが私の目標です。

これから の夢といより私の目標は、自分の持っている物を次の世代に伝えていくことです。

後輩たちにもそんな気持ちを一緒に持ってくれたらと思います。

就活生の皆さんへ、先輩からのメッセージ

やろうと思えば何でも身につけられる会社 。
この会社は、いろいろな仕事に取り組んでいけるので、やる気のある人はどんどん力をつけていける会社だと思います。
初めから「これくらいできればいいや」ではなく、夢を持ってオールラウンドプレイヤーを目指して欲しいです。

ページTOPへ