共同ネットワーク株式会社 2021年度 採用情報

共同ネットワークオフィシャルサイト エントリー

インタビューInterview

営業業務課 主任 國府田 瑠美 2014年入社

それぞれに適したチャンスをくれる会社だから、
必ず成長できる。

営業事務として各種書類作成などの営業アシスト、そして営業課の全員が目標を達成できるような社内の仕組みづくりを担当しています。また主任として、部下の業務管理を行っています。

私が所属している営業業務課は管理会社様の窓口でもあるため、マンション居住者様向けの掲示物の作成や配布なども担当するなど、様々な業務を少数精鋭で行っています。 “事務”と聞くとデスクワークのイメージが強いと思いますが、PC作業だけでなく、他部署のメンバーやお客様との直接のやり取りも多く比較的アクティブなので、主体的に考え、行動することが求められます。
就職活動中、「幅広く仕事を担う事務職につきたい」と考えていたので、今の仕事内容や職場の雰囲気はとても合っていると感じます。

ミスばかりの私に、活躍の場を与えてくれた。

入社直後は経理業務を担当しており、正確性が求められる毎日の中で、ちょっとした確認不足やケアレスミスが続き、落ち込む日々を過ごしていました。そんな時、当時の上司から、「営業事務の方が活躍できると思う」と進言され、会社もそれを叶えてくれました。

2014年の入社から数年が経ちましたが、あの時の異動がなければ長く働けなかったかもしれません。適性を見てくれた上司と会社には感謝しています。

貢献意欲を自然と高めてくれる、先輩たちの存在。

そうした経緯もあって、仕事のモチベーションとなるのは”会社や上司への貢献”です。
親身になって相談に乗ってくれ、的確な助言をしてくれる上司や、他部署をまたいで幅広くタスクをこなしている先輩など、人間力や業務スキルでも尊敬できる方ばかり。その姿を見ていると、「頑張って成長し、あの人たちを支えたい」と思いますね。

誰もが働きやすい環境づくり。そしてキャリアアップを。

お互いに気遣い、フォローし合うのが当たり前の環境ですので、私も一人でも多くの社員が気持ちよく働けるよう、より良い職場環境や業務システムを作っていきたいと思います。

――夢は、社内初の女性課長。ビジョンを叶えたい。
入社当時からキャリアアップをしたいと考えていたため、主任への昇格を聞いた時はとても嬉しかったですね。これからもスキルアップし続け、ゆくゆくは社内初の女性課長へと成長していきます。

就活生の皆さんへ、
先輩からのメッセージ。

会社の雰囲気や仕事内容など、何か一つでもいいので自分なりの選考基準を作ってみてください。
私の場合は、キャリアアップできる環境や産休・育休の取得実績など“長く働けそうな会社”という基準で選びました。今、その選択は間違っていなかったと思っています。